野田暉行-公式サイト -Teruyuki Noda-Officail Site-

2002年カメラータ東京の記事

カメラータ東京から抜粋

 

岡田博美 プレイズ 野田暉行
  2002年 1月28日 杜のホールはしもと
 カメラータに作品の継続的なアンソロジーを録音、集成中の野田暉行に、かねてより野田と親しい岡田博美が1枚分、ピアノ・ソロにて、彼の作品だけのアルバムを録音する企画。
 岡田博美が専属的にカメラ-タに録音を始めた時からこのプランはスタートしていて、彼の自主的な企画のリサイタル・シリーズ“ミクロコスモス”において、定期的に野田作品をプログラムに加えて取り上げ、それは全てリハーサルとコンサートがライヴ・レコーディングされてきた。
 今回は、その最後の仕上げ。野田の「3つのピアノ曲」「子供のための小品」を収録。「子供のための小品」21曲の終曲が4手の作品で、作曲者の野田自身がセカンド・パートを弾いて参加した。最近になって開館した、音響の優れた相模原市の橋本駅前、“杜のホールはしもと”にて、一日かけての収録となった。ピアノはスタインウェイを使用。
[★CDは2003年3月、CMCD-28016として発売]

 この野田作品のCD以外に、猫にまつわる小品ばかりを集めたCDの企画も進行していて、こちらは8曲ほどをレコーディング。クープランのクラブサン曲集から『ねこなで声』、スカルラッティのソナタ ト短調 K.30『ねこのフーガ』、コープランドの『ねことねずみ』、ショパンの華麗なる大円舞曲 ヘ長調 作品34-3『ねこのワルツ』など。
岡田博美と野田暉行 Hiromi Okada with Teruyuki Noda